人妻風俗で働いた私の経験

風俗業界っていつの時代も需要があって、多くの男性が利用して、たくさんのお金が動いてる業界なんですよね。もし今の日本から風俗店っていうものが姿を消したら、きっと経済面でとても多きな影響が出る事間違いなしですね。それこそ男の人も女の人も大勢の人が露頭に迷う事になって、それこそ大変な事になると思います。

人にはみんな欲求があります。食欲、睡眠欲、購買欲、独占欲など。たくさんある欲求の中でも、特別な場所に位置するのが性欲ではないでしょうか。性欲を解消する方法は大きく分けると二つ。自分の手で解消するか、誰かの手を借りて解消するかです。もちろん恋人がいる男女、あるいは結婚している夫婦は、自分のパートナーと一緒に性欲を解消する事でしょう。ですが恋人の居ない独身男性はどうでしょうか。自分の手で満たす事もあるかと思いますが、時にはお金を使って風俗店に足を運ぶ事かと思います。独身男性に限らず既婚男性も一緒です。人は常に変化を求める生き物ですから、いつも同じ相手とばかりセックスしていては飽きてしまいます。わたしが現役で風俗嬢をしている時も、たくさんの既婚男性を相手にしてきました。時には既婚男性のお客さんの方が多かった時期もあるほどです。それぐらい風俗店は男性にとっては需要のあるお店ですし、女性にとってはお金を稼ぐ事ができる場だという事です。

人妻風俗で稼げる金額

わたしは現役で風俗嬢をしてた時代、たくさんのお金を稼ぎました。ピンサロ嬢・ソープ嬢・デリヘル嬢と渡り歩く間に、たくさんの貯金をしました。世間一般では風俗で働くと金銭感覚が麻痺してしまうと言われていますが、わたしの場合はさほど今までの金銭感覚と変わらないままに貯め続ける事ができました。自分で言うのも何ですけど、これってけっこう稀なケースなんですよ。一度カラダで稼ぐ事を覚えてしまったら、もう普通の社会には戻れないかもしれません。ソープなどで一人の男性とお相手して稼げるお金は、コンビニのアルバイトを一日こなした給料よりも遥かに高いんですから。

風俗の仕事のリスク

風俗嬢の仕事って、男性が思っている以上に大変なものなんです。将来の不安を抱えてうつ病になってしまう人、カラダを壊してしまう人、極度のストレスから精神的に病んでしまう人、お客さんとの関係に悩んでしまう人など、悩みは尽きません。それでいて若いうちしかできない仕事ですから、入れ替わりも非常に激しい社会です。満足に働けなくなった風俗嬢は、お店にとっても男性客にとっても価値が無くなってしまいます。そうなると必然的に退店する事となります。非情なようですが、これが現実です。当然ながら社会的な保証も何もありませんので、その後に苦労する事は言うまでもありません。

これから人妻風俗で働く人のために

今の風俗社会も、昔とはだいぶ変わってきました。店舗型風俗が主流だった時代は終わり、今はデリヘルが風俗業界のメインになっています。もちろん風俗嬢を本業としてこなしている女性も居ますが、今は学生や人妻などと兼任でデリヘル嬢をする女性などが増えています。実際わたしもそうでした。風俗の仕事をしながら色々な業種を経験してきました。掛け持ちとはいえ風俗嬢の仕事は楽ではありません。何が一番ツラいのか?どこを気をつければ良いのか?これから風俗嬢の仕事を始めてみようと思う人はどんな事を念頭に置けば良いのか?元風俗嬢の経験から、ためになるであろうアドバイスをたくさん書いていきたいと思います。


元・人妻風俗嬢が語る風俗業界の話 2014 All Rights Reserved.